スキップナビゲーション


難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の知識を広めるイベントのスペシャルサポーターをつとめました

2017.07.02

「フロンティア」では、福祉事業に関わる企業として本来の事業活動以外にもさまざまな福祉活動を通じ社会的責任を果たす努力を続けています。
昨年に引き続き今年も、世界ALSデー in NAGOYA「みんなでゴロンしよう!」のスペシャルサポーターとして、愛・地球博記念公園モリコロパーク内“地球市 民交流センター”にて「学ばない学び舎」の平野裕加里さんと共にALSをはじめとする難病の周知と研究のさらなる進展を願うイベントを開催しました。
皆様に広くこの活動が受け入れられるよう、親しみやすく家族でお楽しみいただけるイベントや、最新の研究成果の紹介など、盛りだくさんのイベントの様子をご紹介させていただきます。

世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう
7月2日「愛・地球博記念公園モリコロパーク内“地球市民交流センター”」

オープニング
本イベントの総合プロデューサー、フリーアナウンサーの平野裕加里さんのオープニングトークにてイベントが 開始されました。
「学ばない学び舎」でALS の藤元健二さんにお話をきいたことがきっかけで「みんなでゴロ ンしよう!」を始められたとのことをお話いただき、メインイベント5 分間の「ゴロン」とは、「体が動かない」ということがどういうことなのか、5分間の身動きせず地面に寝ころぶことを通じて想像してみようという意味についても改めてお話しいただきました。

チラシ配り
愛・地球博記念公園には、さまざまな施設が点在しておりたくさんのご家族連れが訪れます。 イベントが進む中、少しでも多くの方に「ALS」を知っていただくため、フロンティアのスタッフは「みんなでゴロンしよう!」のチラシを配り、イベントのご紹介をさせていただき、多くの皆様に参加していただきました。

ケアリングクラウンのイリュージョンとベリーダンス
病院や被災地などを訪問して心のケアをしている道化師(クラウン)の空中浮遊などの大掛かりなイリュージョンや手品と、華やかなベリーダンスでオープニングを飾りました。

指で会話する「指談(ゆびだん)」の実演
意識がない、言葉がないとされている人とのコミュニケーション手段として注目されている「指談」。指で触れ ることで言葉の読み取りをする指談の実演が行われました。

元中日ドラゴンズ 立浪和義さんトークショー
中学からの同級生で、甲子園でも一緒に戦った伊藤敬司 さんがALS になり「PL学園最強時代」を執筆した後、 一昨年亡くなりました。 亡くなってからは著書を全国の図書館に寄贈している立浪さんに伊藤敬司さんとのエピソードや、スポーツマンとしての活動や心がけなどをお話しいただきました。

中野玄三さんによる講演
1994 年(平成6年)にALSを発病し、ALSでありながら在宅で起業をし、同じALS患者家族の支援を行っている佐賀在住の中野玄三氏が登壇。ALS を乗り越える過程で新境地を開き、復活して行く軌跡をご紹介いただきました。

CYBERDYNE 社のロボットスーツHAL 紹介
ALSに限らず体の不自由な人の上肢、下肢の筋肉を補助してくれるロボットスーツをご紹介いただきました。 ロボットスーツは、体が動かないとされている人の補助具に使うことで使われなかった筋肉に刺激を与えるとい うリハビリ機能もあります。

各種体験イベント
子供たちが楽しめるものづくり教室やスタンプラリーなども人気でした。 フロンティアのスタッフも、スタンプラリーのご案内や記念撮影などのお手伝いを行いました。

吉藤オリィ分身ロボットOriHime デモンストレーション
身体が不自由で行きたいところに行けなかったり、単身赴任などで家族に会えないといった人のために開発され た「会いたい人に会いに行ける」ロボット「OriHime」を様々なデモンストレーションでご紹介していただきました。 機能の一つである「OriHime eye」は透明文字盤をデジタル化し、視線入力を可能にした意思伝達装置です。

チームで参加!! おもいっきりファッションショー
普段は病気を気にしておしゃれができない方も、この日だけは非日常なコスプレやなり切りを思いっきり楽しんでいただきました。

大事MAN ブラザーズバンド立川俊之ミニライヴ「それが大事」
負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと、ダメになりそうな時それが一番大事…。
1991 年に大ヒットした「それが大事」を立川俊之さんと一緒に皆で声を合わせて歌い、勇気と元気をいただきました。

みんなでゴロン
メインイベント、「みんなでゴロンしよう!」が始まりました。何もできず天井を見つめるだけの5 分間で難病ALSの擬似体験を行います。
運動神経が急速に破壊され、体がだんだん動かなくなる難病ALSはまだ原因も治療法も見つかっておらず、病気の存在をご存じない方も多数いらっしゃいます。 少しでもたくさんの方にALSについて知っていただき、研究が進められることで完治できる病気になる日が来ることを願い、この活動は続けられてきました。
フロンティアは今後もこのような意義のある社会福祉活動をサポートしてまいります。

世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう 世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう 世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう 世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう 世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう 世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう 世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう


献血活動への取り組みが10周年となりました。

2017.05.25

フロンティアでは、地域の活性とよりよい社会の継続を実現し続けるため企業活動を通じてさまざまな角度から社会貢献に取り組んでおります。
その一環として、ライオンズクラブ主催で行われる日本赤十字社による献血活動に弊社「とよやまの憩」へ会場提供とお手伝いを行い今年で10年たちました。
地域の方に多く参加して頂き、また弊社社員も微力ながら献血に参加させて頂きました。
この活動を通して地域貢献への意識を社員1人ひとりが強く持ち、より積極的な活動に取り組み、地域の活性化に努めてまいります。

5月25日「とよやまの憩」での献血
弊社社員も含め、多くの地域住民の方にご参加頂きました。

献血の重要性
輸血用血液はがん患者をはじめ、病気や事故の患者に使用されており、全国で1日に約3000人がその輸血によって命を救われていると言われています。
国内には、年間約100万人もの人が輸血を必要としており、集められた血液の80%以上は、がんや白血病、再生不良性貧血などの病気と闘う人のために使われているそうです。
血液は人間の生命を維持するために必要な成分であり、体から一定量が失われると命に関わります。また、血液の持つ機能が正常に働かなくなると病気になったりします。
血液がいかに人々の生命に重要であるかがわかります。
しかし、科学が進歩した現代でも血液は人工的に造ることができません。また、血液は生きた細胞であるため、長期間保存することができません。
患者に安定的に血液を届けるために、健康な方々の継続的な献血への協力が必要となるのです。
病気やけがで輸血が必要となってしまうことは、思っている以上に身近におこることです。
輸血によって日々多くの方の命が救われ、大切な人が救われ、笑顔を取り戻すことができます。
フロンティアでは、献血の重要性を実感し、献血の大切さを社員に伝え、地域の皆様と一緒に献血活動に力を入れてまいりました。
今後もより多くの方々にご協力していただけるよう、更なる地域貢献に努めてまいります。

とよやまの憩での献血活動 これまでの実績
とよやまの憩での献血活動を始めて、今年で10年。
これまでの実績は以下となります。

年月日 受付数 200ml 400ml 採血数 不適格者
平成19年 11月12日(月) 83 5 34 39 44
平成21年 5月20日(水) 96 8 58 66 30
平成22年 5月20日(木) 81 6 48 54 27
平成23年 5月26日(木) 81 7 46 53 28
平成24年 5月24日(木) 68 6 38 44 24
平成25年 5月23日(木) 67 6 36 42 25
平成26年 5月22日(木) 82 12 48 60 22
平成27年 5月22日(金) 108 18 66 84 24
平成28年 5月17日(火) 98 13 59 72 26
平成29年 5月25日(木) 94 5 57 62 32
計 10回 858 86 490 576 282


献血の経験がない方は不安に思ったりするかと思います。 献血の流れについて簡単にご説明いたします。

1. 受付
初めての方は、ご本人確認や献血の副作用やいただいた血液の利用目的などについて同意をいただいた上で、献血に申し込みをします。
すでに献血経験のある方は受付の一部を省略できる場合があります。
※個人情報(住所・氏名など)は、厳重に管理され、外部に流出する恐れはありません。
2. 質問への回答
献血をする側、輸血を受けられる側、双方の安全を守るため、健康状態などの確認を行い質問に回答します。
3. 問診/血圧測定
質問の回答内容に基づき、医師による問診と血圧測定を行います。
気になることや不安なことなども質問できるので、ご安心ください。
4. ヘモグロビン濃度測定/血液型事前判定
ヘモグロビン濃度が採血基準を満たしているかどうかの測定や血液型の事前判定などを行い、問題がなければ、採血となります。
献血をしても大丈夫なのか、しっかりと判定されるため安心して献血を受けることができます。
5. 採血
採血ベッドに横になり採血が開始されます。採血針を刺した際に少し痛みますが、すぐに和らぎますのでご安心ください。
採血時間は、採血量などによって異なりますが、全血献血で10~15分程度となります。
痛みもすぐに和らぐので、ベッドの上でリラックスして採血を受けることができます。
6. 休憩
献血後には、休憩場所で十分に水分補給をし、少なくとも10分以上、休憩をとります。
7. 献血カード(献血手帳)受け取り
献血カードのお渡しがあります。献血カードの裏面には次回献血可能日などが印字されていますので、ご確認ください。


十分な確認を行った上で安心して献血を受けることができます。健康な方だけができる社会貢献です。
そして、こうしている今も多くの方が輸血を必要としています。
フロンティアでは、この重要性を受け止めて今後の活動に努めてまいります。

献血 献血 献血 献血 献血 献血 献血 献血


福島県伊達市霊山町小国地区の子どもたちを守る団体「小国からの咲顔」をフロンティアは応援しています。

2017.03.27

フロンティアでは、子どもたちを被曝から守るため活動している「小国からの咲顔」に賛同し、応援しています。
毎年春には、子どもたちが楽しみにしている保養キャンプが実施されています。
1人でも多くの笑顔に出会えるよう今後もこのような活動の応援に努めてまいります。

「小国からの咲顔」とは
原発事故後、伊達市霊山町小国地区の保護者が中心となり、子どもを守りたい一心で結成された団体です。今では、伊達市に留まらず、福島市の保護者とも協力し、活動しています。
震災後5ヶ月、2011年夏より年2回~3回他団体の協力の下、子どもたちの保養キャンプを行ってきました。 キャンプに参加されている保護者の方達と話す中で、お母さんたちのリフレッシュも大切だと感じ、2013年よりママサロンも開催し、癒しや学びの時間を提供しています。 活動を通じて「避難して生活が大変」「安全な食べ物を食べたい」という声を聞く中で、なんとか応援できないかという想いのもと、現在は「安心な野菜の提供」や、「ママサロン」を通し食や健康に関する学びの講座や情報の共有を心がけています。

「小国からの咲顔」HP
「小国からの咲顔」facebook

キッズキャンプ

ページの先頭へ