スキップナビゲーション


トップメッセージ

お客様の経営革新を支える新たなパートナーシップの創出へ。

福祉事業ではこれまで、サービスの充実と人材の効率的な活用といった、相反する課題を前に経営基盤の安定化が難しいとされてきました。
特に施設経営においては、各種管理業務の効率化が課題となっています。
私たちフロンティアグループは、自ら福祉施設の経営に参画するとともに、こうした課題に果敢に挑戦し、備品や日用品のグループ共同購入や施設管理のネットワーク化など、先端的なビジネス手法による合理化を推進。
施設介護から訪問介護といった介護サービスの多様化を図る一方、施設内で付帯的に提供されるサービス機能のグループ直営化と共有化を推進し、規模の拡大とサービスの質の向上を均衡させながら大多数の方が利用できる適正な料金を実現してまいりました。

現在では、こうしたグループ内での経験と実績をもとに、福祉施設のみならず一般企業における各種管理業務に関するコンサルティングサービスの提供をスタート。
効率的で品質の高い給食サービスの提供をはじめ、施設管理業務の代行サービスや共同購買システムなど、各種アウトソーシング戦略の立案およびサービス提供により、多様な事業形態の企業の経営の効率化と安定化を力強くサポート。
トータルなコストダウンと経営の効率化をめざすお客様とともに、新たなビジネス文化の創造に向け挑戦を続けてまいります。

株式会社フロンティア
代表取締役 原口秀樹

ローカルナビゲーション

会社概要

ページの先頭へ