スキップナビゲーション


福島県伊達市霊山町小国地区の子どもたちを守る団体「小国からの咲顔」をフロンティアは応援しています。

2017.03.27

フロンティアでは、子どもたちを被曝から守るため活動している「小国からの咲顔」に賛同し、応援しています。
来る2017年3月27日~29日には、子どもたちが楽しみにしている春の保養キャンプが実施されます。
1人でも多くの笑顔に出会えるよう今後もこのような活動の応援に努めてまいります。

「小国からの咲顔」とは
原発事故後、伊達市霊山町小国地区の保護者が中心となり、子どもを守りたい一心で結成された団体です。今では、伊達市に留まらず、福島市の保護者とも協力し、活動しています。
震災後5ヶ月、2011年夏より年2回~3回他団体の協力の下、子どもたちの保養キャンプを行ってきました。 キャンプに参加されている保護者の方達と話す中で、お母さんたちのリフレッシュも大切だと感じ、2013年よりママサロンも開催し、癒しや学びの時間を提供しています。 活動を通じて「避難して生活が大変」「安全な食べ物を食べたい」という声を聞く中で、なんとか応援できないかという想いのもと、現在は「安心な野菜の提供」や、「ママサロン」を通し食や健康に関する学びの講座や情報の共有を心がけています。

「小国からの咲顔」HP
「小国からの咲顔」facebook

キッズキャンプ

ページの先頭へ