スキップナビゲーション


電気保守メンテナンス

保守点検料削減・24時間監視体制

キュービクル(高圧受変電設備)の保守点検費用を払い過ぎていませんか?

保守点検料金を削減できる理由・・・
ビルや店舗、工場、病院等に設置されているキュービクル(高圧受変電設備)は法令により、車の車検と同じように、[毎月の保守点検]+[年1回の電気を止めての点検]が法律によって定められていました。しかし現在は、電気設備の性能向上により、オンライン24時間監視装置の設置を条件に、点検の簡素化(毎月から隔月点検)が認められるようになりました。

フロンティアトータルサポートなら24時間管理装置の設置で点検費用削減!! 初期費用無料 24時間遠隔監視の安心・安全の管理体制

電気・点検料削減

あなたの会社では、事業用電気代を払い過ぎていませんか?

電気料金を払いすぎている理由・・・
電気料金の払いすぎは、電気料金の基本料金が決定されるプロセスに理由があります。
基本料金は、当月と、過去11ヶ月間の30分間の消費電力の最大値から算出されます。
通常、空調設備をよく使う夏の電気料金が基本料金のベースとなっているのです。
つまり、ピーク時を基本料金にしているため、電気料金が高く設定されています。

フロンティアトータルサポートならデマンド監視装置で電気基本料金を削減!! 初期費用も安心低コスト導入 24時間遠隔監視の安心・安全の管理体制

デマンド監視装置により、リアルタイムに変化する使用電力量を24時間監視します。あらかじめ設定した電力(kW)に近づくと、情報を送信。電力ピークを監視することで、契約電力を管理し、電気料金のコスト削減を実現します。

漏電や停電の監視体制は万全ですか?

漏電・停電が重大な事故につながることも・・・
漏電・停電などは頻繁に起こることではありません。
しかし、一旦、漏電により火災発生事故がおきれば、取り返しのつかない大事故につながりかねません。
また、各種IT機器を稼働させている場合、長時間の停電がもたらす損害は計り知れません。

フロンティアトータルサポートなら24時間いつでも急行体制で安心、安全!!

例えば点検数日後に漏電が起こった場合、また漏電に気づかないまま、次の点検まで何日も放置されてしまうということも起こりえます。
フロンティア導入システムは、漏電・停電等の電気のトラブルを24時間監視し、緊急時には複数の連絡先に自動通報することで、即時対応が可能になり安心です。

ローカルナビゲーション

事業内容

ページの先頭へ